大人の隠れ家サロン『THE★GOLD』

oil-massageメンズエステのオイルマッサージとは?正しくはオイルトリートメント?

メンズエステはマッサージ?

メンズエステではお店もセラピストさんも利用者さんも
施術のことを「マッサージ」と言っているケースが多いですが、厳密に言うと「マッサージ」ではありません。
本来の言葉の意味としては医療行為になってしまうためです。
 
鍼灸師、あんま指圧マッサージ師、柔道整復師など国家資格を持っている方でないと「マッサージ」はできません。ということが正しい使い方となります。
 
そのためメンズエステの施術のことは「オイルトリートメント」というのが正しいです。

オイルトリートメントって何?

ではいったいオイルトリートメントとはなんぞや?ということですが、その正体は技術的に説明すると「リンパドレナージュ」が一番近いと思います。
 

リンパドレナージュとはとてもゆっくりやさしくリンパの出入り口に向けて肌に手を添えてする施術です。
 

これにより溜まっていた老廃物を流すことができます。
圧をかけるというよりも撫でる感じに近いです。
 

他にもメンズエステでは手の指、手のひら全体、腕などを使って圧をかけるいわゆるほぐす施術をすることも多いです。
 

こちらは技術的には「スウェディッシュマッサージ」と言われるものに近いためセラピストさんの中にもスウェディッシュを本格的に学ぶ方も多いです。

メンズエステで使われるオイルとは何か?

オイルには大きく分けて2種類あります。
水溶性オイルと天然オイルです。
 

現在95%以上のメンズエステで使われているのは扱いが容易な水溶性オイルです。
 

今回はこの違いについて紹介していこうと思います。

水溶性オイルとは

ノイル」という商品が大ヒットして以降女性専用のエステ店でも水溶性オイルが使われるようになりこれまで様々な種類の水溶性オイルが作られるようになりました。
 

ほとんどのメンズエステでは天然オイルより扱いがしやすい水溶性オイルを使っています。
 

現在、メンズエステではローションのようにトロッとしたテクスチャーが硬めのものが人気のようです。
 

水溶性オイルの主成分は「グリセリン」です。
グリセリン自体はボディクリームや化粧水でも使用されている成分です。
 

ただし、肌が弱い方やケガをしている場合はオイルが染みて痛かったり、ピリピリと痛いなんてこともあります。
 

その場合は無理せず別のものに変えてもらうか施術をストップしましょう。
 

また、最後にシャワーでしっかりと洗い流しておかないとあとになって肌トラブルの原因になったりもします。
 

水溶性オイルの種類によっては自分の肌に合わないということは結構あります。

天然オイル

天然オイルは水溶性オイルに比べると扱いが難しいです。
 

具体的には
天然オイルがついたタオルをそのまま乾燥機にかけると火災になることがあります。
 

また、水溶性オイルと違い水で落ちにくく滑りやすいです。
 

天然オイルにも種類があり大きく分けると植物由来のオイルと鉱物由来のオイルがあります。
 

植物由来のものは肌にいい成分が多く含まれています。
 

メンズエステのファンの方はぜひチャンスが有れば天然オイルでの施術も体験してみてください。
 

最後のシャワーでなかなか落ちないぞと実感することができると思います。

メンズエステとは一体なんなのか?

メンズエステとは一体なにものなのかというと広い意味でいうとリラクゼーションサロンなのですが
 

お店のコンセプトによる違いもあれば同じお店でもセラピストさんによって内容の違いがあります。
また、同じセラピストでもお客様によって内容を変えています。
 

こんなことはよくあることです。
 

メンズエステとはお店ごとにセラピストさんごとにその都度ごとに違いがあるから面白いし、違いが有るからまた行きたくなります。
 

「メンズエステとは自由です」
 

そのとき、そのとき毎回の違いを楽しむくらいの気持ちで受けるのがいいですね。
 

また施術を受けるだけでなく、その場の雰囲気でリラックスしたり、セラピストさんとの会話をすることで癒やされたり。
 

お店を出た後に楽しかったと思えるセラピストさんに出会えるといいですね。

メンズエステ セラピスト募集

Contents

ザゴールド